AIの回答内容の登録

読み方やアクセントについて

IBMのSSMLフォーマットで会社名などの読み方やアクセントを調整することが可能です。
▶ ボタンで入力データのサンプル再生を行えます。

書式: <phoneme alphabet="ibm" ph="ローマ字を基本としたフリガナ">表示したい文字</phoneme>
例①: <phoneme alphabet="ibm" ph=".1emu.1erui'_n'.1besu.0tome'_n'to">MLインベストメント</phoneme>
例②: <phoneme alphabet="ibm" ph="ri.0pure.0su">リプレス</phoneme>

例のように、強めたい言葉の手前に[ .1 ]、弱めたい言葉の手前に[ .0 ] を加えるとアクセントも調整が出来ます。
[ ]の発音は [ '_n' ] など、特殊記号についてはIBMのドキュメント内「 Japanese SPR symbol 」の欄をご覧下さい。※英語です。

また、以下のようなタグや、半角スペース全角スペースを間に加えることで、発音に区切りを付けることも出来ます。

書式: <break time="停止時間(ミリ秒)"></break>
例①: 株式会社<break time="200ms"></break>MLインベストメント

自動切電

応対終了にあわせて電話を「切る」か、「切らない」かをお選びいただけます。
初期状態は、「電話を切る」状態となっています。

番号通知

相手の電話番号を折り返し先として伺う電話番号に「利用する」か、「しない」かをお選びいただけます。
初期状態は、「利用する」状態となっています。

開始メッセージ

お電話の最初で流れるメッセージです。
御社名などを組み込んだオリジナルのメッセージをご登録いただけます。
登録がない場合は「お電話ありがとうございます。」とメッセージが流れます。

終了メッセージ

お電話の最後に流すメッセージです。
担当者に申し伝える等、オリジナルのメッセージをご登録いただけます。
登録がない場合は「ご用件を申し伝えておきます。」とメッセージが流れます。

会社名

会社名の問い合わせがあった場合に回答します。
登録がない場合は回答しません。

営業時間

営業時間の問い合わせがあった場合に回答します。
登録がない場合は回答しません。

郵便番号

郵便番号の問い合わせがあった場合に回答します。
登録がない場合は回答しません。

住所

住所の問い合わせがあった場合に回答します。
登録がない場合は回答しません。

電話番号

電話番号の問い合わせがあった場合に回答します。
登録がない場合は回答しません。

FAX番号

FAX番号の問い合わせがあった場合に回答します。
登録がない場合は回答しません。

メールアドレス

こちらはLINEやFacebookボットオプション専用の項目となります。
メールアドレスの問い合わせがあった場合に回答します。
登録がない場合は回答しません。

サイトURL

こちらはLINEやFacebookボットオプション専用の項目となります。
サイトURLの問い合わせがあった場合に回答します。
登録がない場合は回答しません。

facebookボット専用 開始メッセージ

こちらはFacebookボットオプション専用の項目となります。
※LINEボットには同機能はありません。
Facebookボットへ初めてアクセスがあった場合にこのメッセージを表示します。
登録がない場合は「ご用件を承ります。」とメッセージが流れます。