Facebook Messengerとの接続方法

本情報はFacebookやFacebook for Developersの仕様変更で内容が違っている場合もありますのでご留意下さい。
その場合はFacebook for Developers等のドキュメントを正しい情報としてご利用下さい。

01

お申込み

リプレスのFacebookボット接続オプションへとお申し込みをいただきます。

02

Facebook for Developers のログイン

https://developers.facebook.com/
ログインボタンからご自身のFacebookアカウントにてログイン下さい。
Facebookアカウントの作成については説明を省かせていただきます。

03

新しいアプリIDを作成

マイアプリから新しいアプリを追加を選択して下さい。
表示名などを入力するとアプリが作成されてダッシュボードへと遷移します。

04

Messenger を選択

Messengerの設定をクリックします。

05

トークンを発行

ボットを組み込むFacebookページを選択しアクセストークンを発行します。
Facebookページが存在しない場合は、「新しいページを作成」のリンクから新しくFacebookページを作成して下さい。
FacebookのボットはFacebookページへの問い合わせに対して応対する機能となります。
1つのボットにつき1つのフェイスブックページが必要になります。

06

リプレスへと詳細情報を設定

詳細画面内の各情報をリプレスのホーム画面のFacebookボット接続設定の編集画面へと転載しご登録下さい。

  • アプリID
  • ページアクセストークン

以下はボットのオプションとなります。

  • メニュー:Facebook Messengerの画面の下部に「営業時間」「電話番号」「住所」のメニューの表示を設定します
  • 名前:ボットとのやり取りの最後に名前を伺うかどうかを設定します
  • 電話番号:ボットとのやり取りの最後に電話番号を伺うかどうかを設定します
07

Webhookの設定

コールバックURLに以下を入力します。

https://echos.repless.jp/api/facebook/[ アプリID ]
トークンを確認には「 test 」と入力下さい。

messages, messaging_postbacks, messaging_referralsにチェックを入れます。
アプリID が 2021017414884512 の場合は入力する情報は以下となります。

https://echos.repless.jp/api/facebook/2021017414884512

登録が成功すると、「完了」と表示されます。

※状況により以下のようにアプリがフォローしているページが存在しない状況になることがあります。
その場合は次のように手動で対応するフェイスブックページをお選び下さい。

08

動作確認

ボットを設定したFacebookページをアプリ管理者にログインしたままのブラウザから開き、
設定 > Messengerプラットフォーム を選択します。

Your Messenger Link に表示されている内容が、ボットへのURLとなります。
最終的にはユーザーへと公開するURLともなります。
こちらにアクセスし、ボットの動作確認を行って下さい。
(アプリの審査、アプリの公開設定が完了するまで、管理者以外はボットとのやり取りが行えません)

09

アプリの設定

メニュー > 設定 > ベーシック からアプリ設定画面へと遷移します。
アプリのプライバシーポリシーや利用規約、アプリアイコン、カテゴリーなどを登録し、このアプリでFacebookツールやデータが使用される目的を選択の上、変更を保存して下さい。

10

Messengerのアプリレビュー

メニュー > Messenger > 設定 からMessenger設定画面へと遷移します。

pages_messaging 申請に追加を選択

詳細を追加を選択

Facebookページを選択し、「Messengerエクスペリエンスには、自動返信が含まれています」にチェックし、以下を入力し保存します。

コマンド:あなたは?
自動返信:私はAI秘書です。ご用件を承っております。

審査の送信 をクリックし、規約を確認後、Facebookに審査を依頼します。

11

アプリを公開

審査が完了した後、アプリを開発中から公開へと切り替え、8で利用したURLなどを使い、ユーザーへとボットを紹介して下さい。